クレアチニン濃度とは

容器

クレアチニンとは体の不用な物質で、筋肉を動かすとクレアチニンが生じます。生じたクレアチニンは腎臓を超えて適切に尿として処理されます。体内のクレアチニン濃度が高まると腎臓機能不良が疑われます。

Read More...

ティーでスリム体型

ダイエットティーで減量

薬

便秘はダイエットの大敵です。ぽっこりお腹が出ていて痩せにくい体質の人は、便秘を解消する食物繊維が豊富な食べ物を意識して食べたり、排便効果があるお茶(ダイエットティー)やサプリメントを飲むことをお勧めします。 お通じをよくして便秘を解消するお茶はドラッグストアなどで売られています。ごぼう茶、ウーロン茶、桑の葉、プーアル茶、びわ茶が効果的です。毎日の食事のおともに、おやつを食べるときに、お茶がわりに飲むことでお通じがよくなります。また、肌あれ、ニキビ肌の改善などにも効果があります。 ただし、減量効果があるお茶はあまり飲み過ぎるとお腹を壊してしまうことがあるので、自分にあったお茶をほどほどに飲むことをお勧めします。

便秘と肥満の関係

ダイエットをしても痩せない体質の人は、まず便秘を解消することです。便秘になると腸が詰まっている状態になります。そうすると栄養が吸収しづらくなります。いくら食べても栄養が摂れない状態なので、食欲が止まらない、食べても食べてもまだ食べ足りない、という症状になります。そしてそれが肥満へと繋がっていきます。 また、便秘になると代謝が落ちます。デトックスできずに溜まった不純物は皮下組織に脂肪となって蓄積していきます。いくら食べても満腹感が得られない状態になる、そして代謝が落ちて脂肪が蓄積される、という悪循環になります。このように便秘はダイエットにとって大敵なのです。便秘がちな人は、サプリメントやお茶などを摂取して毎日排便ができるように体質改善することが大事です。